趣味日記

弾いたり縫ったり描いたり撮ったり繋いだり編んだり読んだり
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 毛糸だま No.156 p.67 ポケット付きのプルオーバー
pattern:  毛糸だま No.156 p.67  ポケット付きのプルオーバー
yarn:  SKI YARN  BROOK

一目見て色が気に入り、着分毛糸を購入していたもの。
超極太の毛糸なので、入院の暇つぶしに持ち込んだはずが2日で編み終わってしまいました。
ちなみに編んだのは2月で、その後まもなく春になってしまったのでこの冬やっと登場しました。
ビッグシルエットですが袖は比較的コンパクトなので着た感じもっさりとはしていないと思います。
前後とも裾は引き返し編みでラウンドに。
サイド。
裏メリヤスなのに何も考えずにいつも通り肩をかぶせ接ぎにしたため肩線が目立ってしまいました。

Ski yarnの毛糸は他のメーカーとはちょっと違うのが多くて密かに編みたいものがいっぱいです。
| comments(0) | - | 23:57 | category: ニッティング |
# 編み物教室(講師科) アフガン編みのジャケット
pattern:  original
yarns:  Richmore  パーセント


アフガン編みのジャケット。
5色使用しレトロな編み地を目指してみました。
ブラック、グレー、ホワイトのモノトーンのボーダーに、赤と黄色の差し色がちらちらと見える様な配色で。

衿はヘチマカラー。引き返し編みでカーブを作っています。
模様でわかりにくいですが一番下のボタンを外しています。
ボタンホールは縁編み部分ではなく身頃に開け、割糸でステッチしています。
縁編みはごくシンプルにかぎ針編みでよね編み。
ゆとりを多めにとったので、腕のない洋裁用トルソーに着せると肩が落ちて着崩れていますが……。
編み物教室の課題でもあるので、引き返し編みで作るサイドダーツ、左右前見頃の縦ダーツ、脇のダーツ、後ろ中心の縦ダーツと技法てんこ盛りで体に沿うジャケットになっています。
模様がちょっと複雑なので、寄せ目で作る縦ダーツを模様を崩さず入れていくのに結構苦労しました。
ダーツの効果は着画が一番分かりますが、現在妊婦腹のため前ボタンが下半分留まらないので撮影不可でした。

| comments(0) | - | 01:39 | category: ニッティング |
# リネンのハンドニットII p.28 パーカー
pattern:  リネンのハンドニットII(本) p.28  パーカー
yarns:  ハマナカ オーガニックウール ミッドフィル  col. 111
    ハマナカ フラックスK col. 15

ウールとコットンリネンの糸の引き揃えでおもしろい風合いの編み地のパーカーを編みました。
うしろ。
フードが大きめでかわいいです。
が、着てみると結構重くもあります。

身頃とフードは指示通り引き返し編みでドッキングしていますが、写真の様に着用すると縫い代部分が見えるので、身頃側の縫い代を5mm多くしておいてフード側に折上げまつり縫いしています。

先シーズン全パーツ編み上げた後放置していたのを重い腰を上げて(やっと)仕上げました。
| comments(0) | - | 21:54 | category: ニッティング |
# 編み物教室(講師科) 丸ヨークのワンピース
pattern: original
yarns: puppy プリンセスアニー col. 523, 527, 534, 536, 540, 541, 544



編み物教室の課題、丸ヨークのプルオーバー(編み込み4色以上)。
作品展に展示するためテーマを明確にする様に、とのことでした。

タイトルは”サバンナ”、サバンナの木に潜むレオパードのイメージです。


前回のジャケットと合わせて編み込みはもうお腹いっぱい、という感じで燃え尽きました……。
9月の半ばには編み上がっていたのに今頃のブログアップです。
| comments(0) | - | 11:34 | category: ニッティング |
# 編み物教室(セミプロ) 棒針編みのジャケット
pattern:  original
yarns:  Richmore  バカラピュール col. 101, 102
   Richmore ルナール col. 1

年明け早々取り掛かっていた(ハズの)ジャケット。
3月の提出期限から延々数ヶ月放置し、やっと仕上げました。
見るのも触るのも暑苦しい1着です。
セミプロ最後の作品は、苦手な編み込みを取り入れてしっかりした生地のジャケットにしよう、と千鳥格子の総柄にしたのですが……
とにかく時間が掛かりました。
うしろ。
襟ぐり、前立て、裾はルナールでボリュームを出して。

編み込みの下手さ加減に自分自身にキレそうになりながらの編み物はなんだかやっつけ仕事になってしまいました。


| comments(0) | - | 11:21 | category: ニッティング |
# 編み物教室(講師科) 魔法の一本針のプルオーバー
pattern:  original
yarns:  Puppy  Cotton Kona   col.18
           Puppy  Cotton Kona Fine   col. 318

一本針プロジェクトVol. 1はブラックのプルオーバーです。
一本針はかぎ針のお尻にひもを通す穴が開いているもので、これだけで棒針、かぎ針、アフガン編みなどの編み地が作れます。
一本針ならではのゆったり感が出る編み地を選びました。
ペプラムはリッチモアベストアイズコレクションvol.111の岡本啓子さんの作品を参考に、先生と相談して細い糸で重みを軽減させて。
襟ぐり、袖ぐりを編む前。
袖はフレンチスリーブにしたので袖付けは無しでゆったりとデザインしています。
うしろ。
えり、袖ぐりを編んだところ。
裾と同じくコットンコナファインで重くならない様に。
襟ぐりを編んだら全体が締まりました。
で、できあがり。
ちょっとペプラムの重みで全体が製図よりも伸びていますが、これは想定内です。
ペプラムは透け感を大事に重くならない様に。
糸を細くしたため広がりの程度もいい感じになったかな。
| comments(0) | - | 13:27 | category: ニッティング |
# 編み物教室(セミプロコース)卒業制作 Onepiece
pattern:  original
yarns:  Richmore MayFair  col.39
           Richmore Kasane  col.6
           Puppy cotton kona  col.02
           Avril  Kurk chenille  col.01

編み物教室に通い始めて2年。
セミプロコース終了に伴い制作したワンピースです。
上見頃はシンプルに。
アブリルのリボンヤーンとコットンコナでボーダーにしています。
ウエストはメイフェアとコットンコナ。
小瀬千枝さんのパターン集から引き上げ編みのパターンを選びました。
縦ストライプを編み込みで表現すると、伸縮性が無くなりウエスト部分としては適さないかな、と試行錯誤し、この編み方でストライプを表現しました。
スカート部分は4枚接ぎのフレアスカートにしました。
メイフェアと襲で。
メイフェアの部分はメリヤス編みと、これまた小瀬千枝さんのパターン集から透かし編みを採用し、重くならない様に配置してみました。
襲はかぎ針編みで途中に1段、裾に3段編んでいます。

タイトル”Palette”は、様々なパターンと素材の組み合わせをテーマに制作したことから名付けています。

常に”普段着に出来る編み物作品”を念頭にデザインしているのですがどうでしょう?
| comments(0) | - | 14:44 | category: ニッティング |
# 編み物教室 セミプロ2 カウチンセーター
pattern:  ベルクリ(カネボウ)毛糸キットの編み図(No.291  ユキ)を修正
yarn:  ベルクリヤーン カウチン6ストランド

教室の課題、カウチンジャケットです。
ベルクリヤーン(カネボウ)がカウチンヤーンの輸入、販売を終了してしまっているので、教室の在庫糸から選んだカラーでの作成、と選択肢は少なかったのですが、模様は自分であれこれ考えながら配色してみました。
糸は6本取りです。
うしろ。
ラグラン線はカウチンの厚みを軽減するために端目を割って綴じはぎをしています。
最初はなかなかコツがつかめなかった編み込みも、1着編み終わる頃には随分慣れました。
全ての目で編みくるんでいるので着ると想像以上に暖かい、と言うか暑いです。
真冬でも殆ど氷点下にならない所での生活では十分な防寒着です。
| comments(0) | - | 19:45 | category: ニッティング |
# 編み物教室 セミプロ1 アフガン編みのベスト
pattern:  編み物教室で製図
yarns:  Richmore  バカラピュールファイン col. 301, 302

初めてのアフガン編み作品です。
とにかく斜行しない様にゆるめに編むことを心がけました。
先生曰く、”往きはゆるめ、戻りはきつめ”がコツとのこと。
襟ぐり、裾周り、袖ぐりはかぎ針編みで処理しています。
トルソー着画。
アフガン編みは伸縮性に乏しくカッチリとした編み地になるのが特徴なので、糸を細めで柔らかいものにすることで柔らかい印象になる様にしました。
サイド。
後ろ。
襟ぐり、袖ぐりは製図上ではカーブではなく直線の減目だったのですが、できあがりはそれほどカクカクしていないかな。
襟ぐりはリング編みでふんわりと。
リングがぺたんこにならない様にダブルにして裏で纏っています。
裾は下に向かって編み出すリング編みなので放っておいても立ってくれます。
袖ぐりは着たときにかさばらない様細編み+バック細編みでシンプルに処理しました。
| comments(0) | - | 17:28 | category: ニッティング |
# 手づくりタウン カーディガン&アームウォーマー&マフラー #2
pattern:  手づくりタウン(web) カーディガン&アームウォーマー&マフラー by 野口光
yarns:  パピー ミュルティコ col. 567
    パピー プリンセスアニー col. 523


前エントリーのカーディガンとお揃いでアームウォーマーも。
長方形に編んで親指部分を開けたまま綴じるだけの簡単アームウォーマーです。
簡単だけれども配色と編み地でとてもかわいい小物になりました。

| comments(0) | - | 20:02 | category: ニッティング |
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links